にちげつの光

施設長のごあいさつ

法人の理念を実践する責任者です。
社会福祉法人功徳会 理事長兼施設長 江原 睦泰

わたしがわたしで居られる場所を目指して

皆さん、正直施設になんて来たくなかったはずです。でも、来ざるを得ない理由があり、ここに来ている方々に、「ここでええやないか!」と言って頂ける『場』づくりをすることが使命です。
 誰もが「優しく接して欲しい」「自由に外出したい!」「好きなものを食べたい!」「自分らしくありたい!」という思いが普通にあること。それは、当たり前の生活が成り立つこと。つまり、夜寝ること。朝目覚めるということ。今日はどこへいこうか?誰に会おうかと身づくろいをすること。お腹を空かせてご飯を食べること。おしっこ、うんこをしたいと思った時にすること。顎までお湯に浸かって、「ああやれやれ、気持ちいいな、さっぱりしたな」と言うこと。そして、「ああ、寝るのが一番」と言って床に入ること。こんな当たり前の生活をきちんとつくること。これが私たちの仕事の基本です。そして、それぞれの人の特徴が出てくるわけです。その人ならではの生活習慣、こだわりです。「私は朝目覚めたらすぐ歯を磨きたい」いや、「私は朝ご飯を食べてから歯を磨きたい」「お風呂にはタオルを湯船につけて、耳の後ろをこすりたい」等々。
 こんな、当たり前の『場』づくりをする「場」です。

 

裁さん

介護職員 裁 玲亜

喜びと笑顔が溢れるように!

私は入居者様が喜んでいただけるようなことを考えて行動している時、とてもやりがいを感じます。
コロナウイルスの関係によって例年通りイベントを行えない中で、入居者様が楽しんでもらえるような企画を職員全員で考えている時もやりがいを感じますし、それを実現して入居者様の笑顔を見た時には本当に嬉しかったです。
私は福祉科の高校を卒業して2020年4月ににちげつの光に入職しました。まだまだ未熟なところが沢山ありますが、私が入職した当初から優しくしてくださる先輩方に助けていただき、雰囲気の良い職場環境で経験を積むことができています。
これから入居者様がこの施設に来て良かったと思っていただけるような行動をしていきたいです。

ショートステイの空き状況 Short Stay